大豆イソフラボンの効果って?

イソフラボンは、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と似た働きをすることで注目を集めています。

女性に多い病気である、骨粗鬆症や更年期障害、乳がんなどは、女性ホルモンの減少が引き金となって発症すると考えられています。

女性ホルモンに近い働きをするイソフラボンを補うことで、これらの病気の発生率を下げる効果があるとして、現在も盛んに研究が行なわれています。

この他イソフラボンは、中高年の女性に多い、ほてり、心悸亢進、発汗、冷え性、憂うつ感、焦燥感、不眠、耳鳴り、記憶力の低下、しびれ、下痢、頻尿、肩こり、腰痛、倦怠感などを緩和する効果があるといわれています。

また、骨粗しょう症に関しては、イソフラボンが骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の密度を保つ効能があるといわれています。

イソフラボンは、女性ホルモンの働きをサポートするだけではなく、過剰に分泌された女性ホルモンを抑える働きがあるといわれています。

女性ホルモンの過剰分泌は乳がんのリスクを高めますから、乳がんの予防にも効果を発揮します。

乳がんに限らず、イソフラボンはがんが作り出す新生血管の阻害活性、抗酸化作用なども有していますから、前立腺がんをはじめとして、大腸がん、肺がん、肝臓がん、胃がん、白血病など、様々ながん予防に効果を発揮するといわれています。

もう一つ忘れてはならないのが、動脈硬化の予防・改善作用です。

イソフラボンは血中のコレステロールに対し、悪玉を減らしつつ善玉を増やすという効能があります。

いわゆる「サラサラの血液」をつくるのもイソフラボンの特徴です。

ページのトップへ戻る