生え際の白髪を染め

白髪染めに限らず髪を染める時に問題となるのが、生え際をどうやって染めるのかです。

生え際自体は元々染めにくいということもありますが、髪が伸びてくるとその部分だけ白髪になってしまうのです。

せっかくきれいに染めることができたのに、いつの間にか生え際の部分だけ浮いて見えてしまうのは悩みの種です。

しかも髪の生えるスピードはとても早く、一ヶ月もすれば生え際の白髪が目立ってしまいます。

そんな時には生え際を簡単に染めることができる方法を使いましょう。

生え際の白髪を染める時には、リタッチというテクニックがおすすめです。

髪の毛が伸びてきて目立つようになった白髪を中心に薬剤を塗り、その後根本の薬剤を伸ばしたり塗り足したりすることで、残りの部分を染めるという方法です。

これにより生え際の部分を集中的に染めることができるので、髪が伸びて目立つようになってきた白髪の問題もすぐに解決できるようになります。

ただし今では生え際を染めやすくした白髪染めもあるので、リタッチにこだわらずにそういうものを使うのも良いかもしれませんね。

基本部分に忠実であることが前提ですが、白髪染めをするときにこの方法でなければいけないというものはなく、自分が染めやすいと思った方法が一番です。

すぐに何とかしたいという場合は、一次染めを使うとすぐにごまかすことができるので、そちらも調べておくとより効果的です。

面倒な生え際の白髪ですが、対処方法はいくらでもあるのです。

ページのトップへ戻る