加齢臭予防

加齢臭は年をとれば誰にでも見られる中高年に特化した臭いですが、人によっては加齢臭が感じられない場合もあります。

家族などの周りの人から加齢臭を指摘されたり、自分で臭いを感じる前にしっかり加齢臭対策をしておくとある程度加齢臭を予防できます。

加齢臭は、脂肪が体内に蓄積されることが要因の一つなので、普段から食事に気をつける必要があります。

肉やフライなど脂質や油分の多い食品を控え、魚や野菜、大豆製品などを使った和食中心の食事を摂るようにしましょう。

また、糖質も体内で分解されて脂質に変化しやすいのでチョコレートやケーキなどの糖分が多い食品の食べすぎにも注意しましょう。

そして、夜遅すぎる食事や朝食抜きなどの不規則な食生活を改め、できるだけ3食栄養のバランスが取れた食事に心がけましょう。

更にタバコには加齢臭を作り出す成分が含まれているので、喫煙している人はできるだけタバコをやめる努力をしたほうがよいでしょう。

また普段からストレスを溜め込みやすい人なら、気分転換やリラックスできるような趣味やスポーツを生活の取り入れるなどして、ストレスが発散できるように心がけましょう。

加齢臭の原因となる成分を抑制する免疫力を高め、体を健康に保ってくれるので適度な運動や充分な睡眠を取ることも大切です。

そして汗をかいたら着替えたりふき取るようにし、枕カバーなども頻繁に洗濯して清潔に保ちましょう。

他にも加齢臭対策グッズである消臭効果のあるシャツや下着、靴下なども身に着けると更に効果的です。

ページのトップへ戻る