ポリピュアの効果とは?

優れた育毛剤には共通した特徴が見られます。

それは髪そのものではなく、髪が生えるベース、つまり頭皮をいかに柔軟で健康にするかということを、商品開発の目的の中心に据えているということです。

この点はポリピュアも例外ではありませんが、ポリピュアの場合はもう一歩進んで、頭皮の奥深くに眠っている毛根の毛乳頭にダイレクトに働きかけるという画期的な効果があります。

ポリピュアの開発陣は効果的な育毛を行うには、頭皮の環境を整えるだけでは不十分であると言い切っています。

畑を耕して豊かな土壌に改善しても、肝心の種が眠っていてはたいした効果は期待できないというわけです。

なんと科学的で、しかも説得力に満ちた発言でしょうか。

しかしこうした、毛乳頭に直に働きかけるということは、これまで多くの企業が競って開発や研究を行ってきても、実現することができませんでした。

それほどこの「毛乳頭に直接働きかける」ということは、言うは簡単ですが実現することが難しかったのです。

ポリピュアはこの難問題に対して、長鎖分割ポリリン酸を使用するという方法で見事に克服しています。

そもそも「髪の毛を作りなさい」という指示を毛乳頭に対して発令する役目は、発毛情報たんぱく質であるFGFが担っています。

FGFの命令は毛乳頭に達するとレセプターと呼ばれる受容体と結合して初めて発毛の作業に取りかかるのです。

しかしFGFというのは極めて不安定な物質で、寿命が4時間ほどしかありません。

しかもストレスが体に加わることで、さらに寿命は短くなってしまうという開発者泣かせの性質を持っています。

そこで情報の伝達を安定させ、FGFの強度を増進するために長鎖分割ポリリン酸を使用してみたところ、これが大正解だったというわけです。

ページのトップへ戻る